東洋医学的にみた春

2018年06月5日

冬の寒さが和らぎ、朝晩はまだ寒さが残りますが、日中はポカポカと暖かくなり過ごしやすい季節です。

春は冬に盛んだった『陰気』が衰えていき『陽気』が増していく時期です。

春になると『陽気』が盛んになり、植物も芽を出し、虫も動き始めます。

人のからだも同じように、自然界の動きに応じて陽気が増え、活動的になっていきます。

春は陽気が強くなり始める時期ですが

まだ、充分ではありません。『陰』が旺盛な冬を越え、徐々に『陽』が芽生えてきたところで

す。

陽気は外に向かって出て行こうとしますが

発散する力が充分でないと、発散しきれない陽気がからだのあちこちに滞ります。

滞った陽気はその部位を温め、熱症状を引き起こします。

 

春は風が強く、風はさまざまなものを吹き上げ浮かび上がらせます。

温かいものは、上に昇ろうおしたり、外に出て行こうとしますが、陽気も同様です。

風にあおられた陽気が迷走して、のぼせや、ほてりなどの熱症状がでます。

 

 

 

陽気が活動的になるとき、冬場の過ごし方が非常に響いてきます。冬場は動物が冬眠するよう

にじっとして陽気を守る必要があります。

しかし、現代人は冬に激しい労働や冷たいものを飲むなどして陽気を損なうような不摂生をし

ていると

春になって陽気のコントロールができません。

そうなるとひもを離した風船のように陽気はふわふわ昇っていきます。

それが主にのぼせという症状になり

頭痛、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、自律神経失調症などに繋がるのです。

例えば、陽気が鼻に滞るとアレルギー性鼻炎

皮膚表面に滞るとアトピー性皮膚炎となります。

迷走した陽気が停滞することによって引き起こされます。

これらを対処するには、滞った熱を取ることも大切ですが原因も取り除かなければいけませ

ん。


そんな、か・ら・だ を変えたい!と考えている方や

薬に頼りたくない!と考えている方は

是非、東急池上線の久が原と雪が谷大塚の間にある

鍼灸接骨院おんたけにお任せを!

一人一人にあったオーダーメイド鍼灸で

あなたのからだを変えてみせます!!

今すぐ03-3720-0022にお電話を!!

久が原、雪が谷大塚付近で身体の不調にお悩みの方はこちら

大田区御嶽山にある鍼灸接骨院おんたけの治療サイト

———————————————————

「足湯」のある鍼灸接骨院おんたけ
Acupuncture Conditioning Salon IASIS
有限会社 イーアーシス

〒145-0073 東京都大田区北嶺町34-1
TEL: 03-3720-0022
FAX: 03-5754-0238
MAIL: mail@iasis.info
MAIL: iasishari@gmail.com
URL: http://iasis.info/
———————————————————

入浴の方法

2018年04月20日

久が原・雪が谷大塚エリアにある鍼灸接骨院おんたけです!

今回は入浴の注意点についてお話したいと思います。

 

入浴の際に特に注意が必要なのは「ヒートショック」です。

ヒートショックとは温度差による肉体的ショック症状の事です。

ヒートショックが起こりやすいのは高齢者で、寒い冬場だと発生率が格段に高くなります。

服を脱いで裸になる「脱衣所の寒さ」と、冷え切った体から「熱いシャワー」や「お風呂の熱さ」を受けると心臓に大きな負担を掛けてしまうのです。

血圧は裸になり寒くなると血管が収縮し上がります。さらに熱いお湯に浸かればそこから血圧は急上昇。しかし体が温まる事により血管が広がりだし、逆に血圧は下がってしまいます。この様な血圧の乱高下が心臓に大きな負担を掛けて、ヒートショックを招くのです。

ヒートショックによる心筋梗塞・脳梗塞・不整脈のリスクは高く、軽く失神だけの場合でも浴室で滑り頭を打ってしまう等、大変危険が伴います。

医学的には10度以上の温度差があると心臓に大きな負担を掛けるといわれているので注意しましょう。

 

それではこのヒートショックを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

 

対策方法をご紹介します。

  • 脱衣所を暖房で暖める。

脱衣所を暖房器具であらかじめ暖めておくと裸になった時の温度差が少なくなります。

 

  • 湯船のふたを開けておいたり、シャワーでお湯をはる。

浴室が蒸気で暖まり、浴室に入った時や入浴する時の温度差が少なくなります。

 

  • 湯温41度以下

湯温が高すぎると入浴前との温度差も高くなり、心臓に掛ける負担も大きくなります。

41度以下を目安にしましょう。

 

  • 夕食前に入浴する。

夕食前に入浴する事で、比較的、体の生理機能が疲れていない状態でお風呂に入れます。

加えて、食事を取ることで血圧が下がりやすくなる為、食事の前に入浴するのがヒートショック対策には効果的です。

 

高齢者に多いヒートショックですが、誰にでも起こりえる症状でもあります。家族全員がヒートショックに注意して、みんなが無事にお風呂に入れているのか気に掛ける事も有効な対策です。みんなでヒートショックを防ぎましょう。

 

そして最後に気軽で負担の少ない「足湯」のメリットを紹介します!

  • 服を着たまま手軽に行える。
  • 体全体が温まり全身の血行が良くなる。
  • 心臓等の内臓に負担が少なく高齢者にも安心。

そのようなメリットのある「足湯」が楽しめる!久が原・雪が谷大塚エリアにある鍼灸接骨院おんたけに是非お越しください!

久が原、雪が谷大塚付近で身体の不調にお悩みの方はこちら

大田区御嶽山にある鍼灸接骨院おんたけの治療サイト

———————————————————

「足湯」のある鍼灸接骨院おんたけ
Acupuncture Conditioning Salon IASIS
有限会社 イーアーシス

〒145-0073 東京都大田区北嶺町34-1
TEL: 03-3720-0022
FAX: 03-5754-0238
MAIL: mail@iasis.info
MAIL: iasishari@gmail.com
URL: http://iasis.info/
———————————————————

【久が原・雪が谷大塚エリアなら鍼灸接骨院おんたけ】

タウン情報

http://www.gekinavi.net/

http://massage.hp-p.net/

足裏の辛い痛み

2017年10月17日

 

こんにちは。久が原、雪が谷大塚地域の方にはきっとお馴染の、鍼灸接骨院おんたけの松永です。

 

本日のテーマは「足底筋膜炎」です。

 

 

「足底筋膜炎」聞いた事ありますか? 足裏の痛みの代表のひとつである足底筋膜炎につい

て、本日は詳しく書いていこうと思います。

 

 

 

 足底筋膜炎の原因は、足裏の硬くなった筋肉が骨に付着している部分を引っ張る事で痛みが

起きていると言われています。要するに痛みの原因は筋肉の硬さにあります。

 

 

また、その筋肉の引っ張りがさらに強くなると、引っ張られ続けた骨が変形して骨棘(トゲの

ようなもの)になります。足の裏の痛みでレントゲンを撮ると踵に骨棘がある方は、骨が変形

するほど筋肉の引っ張りが強くなっているという事です。

 

 

 足底筋膜炎の原因は足の裏の筋肉だけが原因ではありません。

 

 

 

足の裏には、すねから繋がっている筋肉があり、すねやふくらはぎが足裏の筋肉の硬さに影響

を与えていて、痛みを起こしているケースもあります。

 

 

また、足の裏には3つのアーチがあり、そのアーチによって地面からの衝撃を吸収しています。

このアーチ機能は足首や足の指が硬くなってしまうと機能が失われてしまい、アーチで衝撃が

吸収できなくなります。それにより足の裏の筋肉に直接負担がかかってしまい結果的に足裏に

痛みが起きるのです。

 

 

 

 

足底筋膜炎の代表的な症状としては、動き始めの一歩目が痛い、歩いたり走ったりすると足の

裏や踵が痛くなってくる、足が地面につく瞬間または離れる瞬間が痛い、ずっと立ちっぱなし

でいると痛くなってくる、足の裏がしびれてくる感じがする、常に足の裏や指の付け根に違和

感を感じる、足の裏を押すと痛い場所がある、などがあります。

 

雪が谷大塚、久が原にお住いの患者さんの中でも、足底の痛みを訴えて来院される方が時々い

らっしゃいます。

 

 

 

では次に、足底筋膜炎の治療についてです。

 

足底筋膜炎になったら、自分でできる処置としては、炎症が起きているという事なので、まず

は安静です。その他に、靴をクッション性のあるものに変える事も大切です。

 

 

病院での処置としては、湿布と消炎鎮痛薬の処方を受け痛みと炎症を抑えます。また痛みを抑

える為の注射として局所麻酔、炎症を抑える注射としてステロイド注射があります。

 

 

 

理学療法としては、電気治療、温熱治療、マッサージ、ストレッチがあります。

 

足底筋膜炎は炎症ですが、ふくらはぎや足底腱膜の柔軟性が無くなる事による痛みなので、冷

やすのではなく、温める治療を行います。

 

 

雪が谷大塚、久が原近辺にお住いの方で、足底筋膜炎にお悩みの方がいらっしゃいましたら、

鍼灸接骨院おんたけでは理学療法を中心に治療を行っていきますので、早めのご来院で、他の

身体の部位に負担がかからないうちに治療を開始しましょう

 

 

久が原、雪が谷大塚付近で足底筋膜炎にお悩みの方はこちら

 

 

大田区御嶽山にある鍼灸接骨院おんたけの治療サイト

 

———————————————————

「足湯」のある鍼灸接骨院おんたけ
Acupuncture Conditioning Salon IASIS
有限会社 イーアーシス

〒145-0073 東京都大田区北嶺町34-1
TEL: 03-3720-0022
FAX: 03-5754-0238
MAIL: mail@iasis.info
MAIL: iasishari@gmail.com
URL: http://iasis.info/
———————————————————

冷え性

2017年09月11日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!鍼灸接骨院おんたけの山崎です。

 

最近お友達や家族にスイーツを買う機会が増えています!大田区久が原、雪が谷大塚で良

いお店があったらご紹介ください!(大田区久が原、雪が谷大塚だけでなく他の地域も可
☆)

 

さて、今回は冷え性についてお話ししたいと思います。冷え性で夏でも靴下を履いて寝て

いる人いませんか?足が冷える、なんだか血行が悪くて重だるい、、、。

 

 

そんな症状について、一緒に考えていきましょう。

冷え性とは、末端の血行障害になどによって生じる、冷えの自・他覚症状であり、主に手

足に感じます。女性の方が多いとされていますが、最近では男性も多くなってきました。(う

ちのスタッフも冬場カイロを貼り、ズボンの下にタイツを履いている姿を見ます。)

 

また、末端の血行障害を甘く見てしまうと、重大な病気が隠れていることもありますので

注意しましょう。

 

では、なぜ冷え性になるのでしょうか?誤った生活習慣で起こりうるのです。

 

 

まず、体を冷やすものを過剰に摂取していませんか?沢山生野菜を食べたりすると、体を

冷やしてしまいますよ!冷えてるなーと思ったら、生野菜は火を通してからお召し上がり

くださいね。また、お茶の中にも体を冷やすものもあります。暑いからと言って冷たいも

のをがぶがぶ飲みすぎもよくありません。秋の妊婦さんは逆子が多いと言われるのは、夏

に冷たいものを摂取しすぎているとも言われています。

反対に、体を温めるものを摂取すると中から温まっていきます。温活なんて言葉もありま

すね☆ショウガや、ラム肉、地下にできる根菜類、発酵食品などが良いようです。

また、体の中の脂肪は一度冷えると温まりにくい性質を持っています。また、筋肉は豊富

な血液が通っており、熱を生む力を持っています。運動をして筋肉をつけることは冷え性

改善にとても役に立ちます。

 

 

では、皆さんは、正常な体温は何度くらいかご存知ですか?実は、36.8±0.34℃なんです

よ!友人にも35度台が平熱ですなんて人もいますが、かなりの不健康ですね。

なぜ、このくらいの体温がいいのでしょうか。

1つには、免疫力が強くなると言われています。体温が一度下がると免疫力は30パーセ

ント(基礎代謝は12パーセント低下)します。体温が一度上がると免疫力は

50~600パーセント上がるとのことです!!!凄いアップするのです!

また、このくらいの体温が、酵素やたんぱく質の化学反応に適した温度なのだそうです。

そして、血流もアップします!いいことずくめなのです。

反対に、35度台になると身体の動きが極端に低下し、癌の細胞も盛んに増殖するようです。

みなさん、体温をこの機会に測ってみましょう!!(毎朝決まった時間に測りましょう
。)

 

当院では、体温アップをし、根本から身体を改善するメニューがございます!ぜひ、経験
してくださいね。

 

久が原、雪が谷大塚付近で冷え性にお悩みの方はこちら

 

 

大田区御嶽山にある鍼灸接骨院おんたけの治療サイト

 

 

———————————————————

「足湯」のある鍼灸接骨院おんたけ
Acupuncture Conditioning Salon IASIS
有限会社 イーアーシス

〒145-0073 東京都大田区北嶺町34-1
TEL: 03-3720-0022
FAX: 03-5754-0238
MAIL: mail@iasis.info
MAIL: iasishari@gmail.com
URL: http://iasis.info/
———————————————————

 

耳鳴り

2017年09月5日

 

 

 

9月に入っても残暑厳しい毎日が続きますが大田区久が原、大田区雪が谷大塚にお住いの皆さ

まいかがお過ごしですか?

 

 

暑い夏や紫外線からお肌を守るためにビタミンCたっぷりのゴーヤ料理や疲労回復にビタミ

ンB1たっぷりの豚肉料理がおすすめです。

 

 

 

今回のテーマは大田区耳鳴り。

 

大田区耳鳴りって?

 

外界からは音の刺激がないのに自分には音が聞こえることを耳鳴りといい、体内で血液が流

れる音や筋肉が収縮する音が聞こえる他覚的(他人にも聞こえる)耳鳴りと聴覚器や中枢神

経などの異常によって音が聞こえる自覚的(自分にしか聞こえない)耳鳴りなどがあります。

 

 

大田区耳鳴りの原因は?

耳鳴りの多くは内耳になんらかの障害が起こって生じるものと考えます。

音は外耳道(耳の穴)→鼓膜→中耳→内耳→聴神経と伝わり、最終的に大脳の聴覚中枢で音と

して感じます。耳鳴りはこの音の経路のどこかに問題が生じて起こると考えられます。とく

に内耳には空気の振動として耳から入ってきて感知したものを電気信号に変換して脳へ伝え

る有毛細胞があります。この有毛細胞が衰えたり死んでしまったりすると、聴力障害が

起こりそれが耳鳴りの症状にもつながると考えられます。有毛細胞によって、空気の

振動から電気信号に変換されたものは、今度は聴神経を介して脳の皮質下と呼ばれるところ

へ伝えられます。そして、皮質下から大脳皮質にある聴覚野に信号が伝えられ、それによっ

てはじめて「音」として認識されます。皮質下では、情報の選別が行われています。耳には

ほとんど常に音の情報が伝えられていますが、その伝えられたすべてが聴覚野へ伝達される

わけではなく、選別されたものだけが情報として聴覚野へ伝えられるのです。

音の振動を伝える外耳から中耳までを「伝音系」、音を感じ取って認識する内耳から脳まで

を「感音系」と言います。耳鳴りで特に多いのは、このうちの感音系の異常によって起こる

「感音性難聴」に関連したものです。

 

感音系に異常があって聴力が低下すると脳はもっと電気信号を受け取ってきこえをよくしよ

うと聴神経の感度を高くします。その結果、本来なら受け取らなくていい電気信号までキャ

ッチしてしまい、耳鳴りを引き起こしてしまうのではないか、というのがもっとも高い可能

性として考えられている原因です。

 

 

外耳の病気、外耳道炎

耳の穴(外耳道)に炎症が起きる病気で急性と慢性があります。「急性外耳道炎」は、耳か

きなどによる小さな引っかき傷から細菌に感染したり、海にプールで汚れた水が耳に入る事

で起こります。主な症状は耳の中のかゆみや痛みですが、耳の穴が腫れると、耳鳴りや耳閉

塞感(耳がつまったような感じ)が生じる事もあります。「慢性外耳道炎」は、急性外耳道

炎が完治せずに慢性化したものです。

 

 

中耳の病気、耳管狭窄症

内耳と鼻や喉をつないでいる「耳管」は、ふだんは閉じていますが、あくびをしたり、もの

を飲み込んだりするときに開いて換気をします。そうすることで、中耳の圧力を外の気圧と

同じにする役割を担っているのです。耳管が閉じたままになり、中耳の圧力が低くなって鼓

膜が後ろに引っ張られた状態になるのが「耳管狭窄症」です。耳管狭窄症になると、鼓膜の

振動が妨げられて音の振動が伝わりにくくないr、低音が聞こえにくくなったり、低音の耳

鳴りが起こったりします。かぜや鼻炎、副鼻腔炎などで、鼻の粘膜に炎症が起きたときに発

症します。

 

 

 

中耳の病気 耳管開放症

「耳管狭窄症」の逆で、耳管が開いたままになる病気です。耳管塞感を覚えたり自分や他人

の声が大きく反響して聞こえたり低音の耳鳴りに悩まされることがあります。無理なダイエ

ットや自律神経の異常などによって起こりやすいとされます。

 

 

中耳の病気 滲出性中耳炎

中耳の「中耳腔」という空間に鼓膜から分泌された「滲出液」という液体が溜まった状態で

す。耳鳴り、難聴、耳閉塞感などを生じます。

 

 

内耳の病気 メニエール病

内耳を満たしている「内リンパ」という液体が増えすぎ内耳がパンパンに膨らんでしまう事

で起こる病気です。ある日突然、回転性の激しいめまいとともに、耳鳴り、難聴、耳閉塞感

が同時に起こり、その後も発作を何度も繰り返します。内リンパが増えすぎてしまう原因に

ついてはまだ解明されていません。

 

 

内耳の病気 突発性難聴

突然、片方の耳に難聴と耳鳴りが起こる病気で約半数の人は回転性のめまいもともないます

。メニエール病の初期症状と似ていますが突発性難聴のめまいの発作は1回だけです。はっ

きりとした原因は不明ですが、ウイルス感染や内耳の血流障害、ストレスなどが関係してい

ると考えられます。

 

 

内耳の病気 外リンパ瘻

中耳と内耳を隔てている薄い膜が破れ、内耳の「外リンパ」という液体が内耳に漏れ出てし

まう病気です。耳閉塞感や難聴、耳鳴り、めまいなどがおきます。くしゃみや咳をしたとき

鼻を強くかんだとき、重いものを持ち上げたとき、飛行機に乗っているときにおこります。

耳鳴りは多くの原因が考えられます。耳鳴りの原因によっては治療法が確立していますがほ

とんどの耳鳴りは治療方法が分かっていません。日々の生活習慣やストレスを溜めないよう

に気を付けて予防していきましょう。

 

大田区耳鳴りがしたら早めに専門の医療機関を受診してストレスや生活習慣を再度見直す事が

必要です。ストレス緩和や体調管理に鍼灸マッサージはとても向いています。

 

 

大田区久が原、雪が谷大塚にお住まいで耳鳴りにお困りの方は是非大田区足湯のある鍼灸接

骨「おんたけ」での鍼治療をおすすめします。

 

 

 

久が原、雪が谷大塚付近で耳鳴り、頭痛にお悩みの方はこちら

 

 

大田区御嶽山にある鍼灸接骨院おんたけの治療サイト

 

 

———————————————————

「足湯」のある鍼灸接骨院おんたけ
Acupuncture Conditioning Salon IASIS
有限会社 イーアーシス

〒145-0073 東京都大田区北嶺町34-1
TEL: 03-3720-0022
FAX: 03-5754-0238
MAIL: mail@iasis.info
MAIL: iasishari@gmail.com
URL: http://iasis.info/
———————————————————