頭痛の対処法について

2018年09月16日


大田区の皆さんこんにちは!前回は症状についてお話ししましたので、今回は対処法について。

慢性的な頭痛は薬も手放せないし大変ですよね。そのような方に少しでもお役に立てるような

対処法を鍼灸師の目線からお話します。

 

対処法と言ってもまずは注意しなくてはいけない部分からお話いたします。また今回のお話は

基本的なことが中心となります。レアケースについては触れておりません。少しでもおかし

い、不安な症状がある場合は一度専門の医療機関にて診察を受けるようお願いいたします。

まず、頭痛が起きた時の症状で気を付けなければならないのが

・事前に頭を打ったりぶつけていないか?(強い衝撃を受けた時は外傷だけではなく、頭部内の

出血や損傷の可能性もあります)

・頭痛とともに手足のしびれ、意識障害、失語、失認、運動障害、ろれつが回らないなどの症

状が出ていないか?

・悪心もないのに嘔吐する。

・発熱があり嘔吐もある。

・悪心嘔吐が重い(片頭痛でも症状は出やすいです)

・首の後ろがカチカチに硬直してる。

これらの症状が出ているときは、すぐ医療機関を受診してください。それ以外の代表的な頭

痛、片頭痛、緊張型頭痛の対処法です。

 

まず、二つの頭痛で共通するのはストレス、疲労、睡眠不足です。ですのでこれらの対処が第

一になります。

またそれらにも関係してくる自律神経のバランスもかなり重要になってきます。うまく

ストレスコントロールをして疲れをためず夜更かしをしない。。。

なんだか教科書通りの理想的な生活ですね。

でも現代人は中々難しいのではないでしょうか。しかしストレスと疲労、寝つきが悪いや

中途覚醒による睡眠不足、自律神経の乱れに関しては鍼灸でもお役に立てることがあります。

 

次に二つの頭痛の大きな違いはマッサージや入浴(温める)事により、まったく違う結果になり

ます。緊張型頭痛は頸肩部のコリなどが原因として多いので、マッサージや入浴により軽快す

ることが多いですが一方の片頭痛はと言うと血管拡張とともに拍動性の痛みが中心である事か

ら、≪逆効果≫になります。

 

また片頭痛は安静にする、少し冷やす。事により軽減するとも言われております。

大田区にある鍼灸接骨院おんたけでは、これらの症状に対し、東洋医学をベースとした鍼灸治

療を中心に行っております。鍼が苦手な方にはマッサージや矯正などでも施術を行っておりま

す。是非一度お試しください!

 

久が原、雪が谷大塚付近で頭痛にお悩みの方はこちら

大田区御嶽山にある鍼灸接骨院おんたけの治療サイト

———————————————————

「足湯」のある鍼灸接骨院おんたけ
Acupuncture Conditioning Salon IASIS
有限会社 イーアーシス

〒145-0073 東京都大田区北嶺町34-1
TEL: 03-3720-0022
FAX: 03-5754-0238
MAIL: mail@iasis.info
MAIL: iasishari@gmail.com
URL: http://iasis.info/
—————————————————