入浴の方法

2018年04月20日

久が原・雪が谷大塚エリアにある鍼灸接骨院おんたけです!

今回は入浴の注意点についてお話したいと思います。

 

入浴の際に特に注意が必要なのは「ヒートショック」です。

ヒートショックとは温度差による肉体的ショック症状の事です。

ヒートショックが起こりやすいのは高齢者で、寒い冬場だと発生率が格段に高くなります。

服を脱いで裸になる「脱衣所の寒さ」と、冷え切った体から「熱いシャワー」や「お風呂の熱さ」を受けると心臓に大きな負担を掛けてしまうのです。

血圧は裸になり寒くなると血管が収縮し上がります。さらに熱いお湯に浸かればそこから血圧は急上昇。しかし体が温まる事により血管が広がりだし、逆に血圧は下がってしまいます。この様な血圧の乱高下が心臓に大きな負担を掛けて、ヒートショックを招くのです。

ヒートショックによる心筋梗塞・脳梗塞・不整脈のリスクは高く、軽く失神だけの場合でも浴室で滑り頭を打ってしまう等、大変危険が伴います。

医学的には10度以上の温度差があると心臓に大きな負担を掛けるといわれているので注意しましょう。

 

それではこのヒートショックを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

 

対策方法をご紹介します。

  • 脱衣所を暖房で暖める。

脱衣所を暖房器具であらかじめ暖めておくと裸になった時の温度差が少なくなります。

 

  • 湯船のふたを開けておいたり、シャワーでお湯をはる。

浴室が蒸気で暖まり、浴室に入った時や入浴する時の温度差が少なくなります。

 

  • 湯温41度以下

湯温が高すぎると入浴前との温度差も高くなり、心臓に掛ける負担も大きくなります。

41度以下を目安にしましょう。

 

  • 夕食前に入浴する。

夕食前に入浴する事で、比較的、体の生理機能が疲れていない状態でお風呂に入れます。

加えて、食事を取ることで血圧が下がりやすくなる為、食事の前に入浴するのがヒートショック対策には効果的です。

 

高齢者に多いヒートショックですが、誰にでも起こりえる症状でもあります。家族全員がヒートショックに注意して、みんなが無事にお風呂に入れているのか気に掛ける事も有効な対策です。みんなでヒートショックを防ぎましょう。

 

そして最後に気軽で負担の少ない「足湯」のメリットを紹介します!

  • 服を着たまま手軽に行える。
  • 体全体が温まり全身の血行が良くなる。
  • 心臓等の内臓に負担が少なく高齢者にも安心。

そのようなメリットのある「足湯」が楽しめる!久が原・雪が谷大塚エリアにある鍼灸接骨院おんたけに是非お越しください!

久が原、雪が谷大塚付近で身体の不調にお悩みの方はこちら

大田区御嶽山にある鍼灸接骨院おんたけの治療サイト

———————————————————

「足湯」のある鍼灸接骨院おんたけ
Acupuncture Conditioning Salon IASIS
有限会社 イーアーシス

〒145-0073 東京都大田区北嶺町34-1
TEL: 03-3720-0022
FAX: 03-5754-0238
MAIL: mail@iasis.info
MAIL: iasishari@gmail.com
URL: http://iasis.info/
———————————————————

【久が原・雪が谷大塚エリアなら鍼灸接骨院おんたけ】

タウン情報

http://www.gekinavi.net/

http://massage.hp-p.net/